FC2ブログ

10周年記念スペシャル?

紅葉が美しい季節になると、フランジェリコの周年記念を思い出しますね?

今年も皆様に感謝をこめて、ボージョレーヌーボーの解禁に合わせ11月19日(第3木曜)に恒例の立食パーティーを催したいと思いますが、そのご案内は、また次回と云うことで・・・

さて、今回は本当の開店記念日。
(憶えていらっしゃいますか)

そう、11月4日ですね。
なので、10周年の節目という事で・・・・・

    11月4日(水)お会計を50%OFFにさせていただきます。

ご来店、心よりお待ちしております。


本来ホームページでのお知らせですが、お許しを・・・
スポンサーサイト

テーマ:バーテンダーの独り言 - ジャンル:グルメ

2009/10/29 (Thu) 13:21 |未分類

おそい夏休みPartⅣ(最終回)

クロアチア七日目。

この日はちょっと雲があり、この国にも雲があるんだと一安心。でも十分快晴。今日は、スプリットからフェリーに乗り約一時間。
フェリー


ブラチュ島へ向かいます。ブラチュ島のボルという街に、クロアチア一美しいと言われるビーチがあるので、そこを目指します。


フェリーが着くスペタールという街は島の北端。

目指すボルは島の南端。

バスが出ているので、バスで行こうと思っていたら、
なんとレンタルバイク屋さんを発見。

「ボルに行きたいんだけど、バイクで行けますか?」

「あぁ、もちろん行けるよ。」

「時間はどれくらいかかりますか?」

「40㎞だから一時間くらいかな。」(もちろんこんなスムーズな会話ではないです。)
結構遠いな・・・・・でも聞いてしまった以上、バイクで行かねば!
と、一枚の地図を頼りに50㏄のスクーターで出発です。
オレ様とバイク

小さな街を抜けると、後は延々と山道が続きます。

上り坂だと30㎞ぐらいしか出ないながらも、約一時間気持ちよくドライブ。

すると、見えてきました。「ズラティニ・ラット」 (黄金の角)と呼ばれる、二等辺三角形の形をして、先端が海に向かって突き出している真っ白なビーチが。
ビーチの形


今回の旅の大きな目的でもあった、この「ズラティニ・ラット」の先端で泳ぐ!これが現実になると思うと、僕のボルテージは最高潮!
ビーチの先端
自分の年齢も忘れて、思いっきりハシャイできました!



そして八日目。

いよいよ今回の旅も終わりに近づいてきました。
次の日の朝の飛行機で帰るので、この日はザグレブまで移動します。

ブラチュ島との別れを惜しみつつ、フェリーに乗りスプリットへ。
スプリットからザグレブへは長距離バスで移動です。5時間のバスの旅で到着したのは、夕方の6時半。 宿に荷物を置いたら、最後の夕食です。

 悔いのない様、思いっきり飲んで食べて…
生ハム
焼き魚
リゾット

と思っていたら見事にやってしまいました。
キレイ~に記憶がプッツリと…
いや~、ラキヤ恐るべしです。 最後にクロアチアの底力を見せつけられた気がします。


と、4回に渡ってクロアチア日記を書かせて頂きましたが、こうして旅行ができるのも、フランジェリコを応援してくださる皆様のお陰で、心より感謝しております。
そして長い休みを許可してくれたマスター。

              ホントーにありがとうございました

テーマ:バーテンダーの独り言 - ジャンル:グルメ

2009/10/23 (Fri) 15:29 |未分類

IWSC

当店の店名になっているフランジェリコが、
「インターナショナル・ワイン・アンド・スピリッツ・コンペティション(IWSC)2009」にて、
リキュール部門、金賞のトップ「≪金賞≫ベスト・イン・クラス」を獲得しました!

その記念で、アサヒビールさんのHP、 LiquarWorldで当店の特集の組んでもらいましたので、ぜひご覧くださいませ。


そして、「アサヒビールさんのHP見た」で記載のカクテル

           ¥1500→¥1000 (10月いっぱい!)

いかがでしょうか?たまには甘いお酒も・・・

テーマ:お酒 - ジャンル:グルメ

2009/10/21 (Wed) 15:05 |未分類

おそい夏休みPartⅢ

クロアチア五日目。

この日こそスプリットへ移動します。 (快晴)
アドリア海を眺めながらの移動は、あまりの非日常的な美しさに時間が経つのを忘れるほど。
バスから
(アドリア海写ってないけど)

そして、ドゥブロブニクを出発してから約四時間。 スプリットに到着です。
スプリット市街

バスを降りると、SOBEの客引きのおじさん、おばさんに物凄い勢いで話しかけられます。
地図で宿の場所を確認しながら値段交渉の始まりです。
高い値段で提示してきたら、しっかり値切ろうと思っていたら、意外と良心的なお値段であっさり交渉成立。

宿が決まれば、早速市内観光です。
スプリットは古代都市が残る神秘的な街として、またアドリア海に浮かぶリゾート島への拠点として知られる沿岸最大の都市。
スプリット市街2

世界遺産にも登録された歴史ある街です。



そして六日目。 やっぱり快晴。

この日はプリトウ゛ィッツェ湖群国立公園へいきます。
早起きして朝6時のバスに乗ります。
バスから2
(車窓より)


宿のおじさんには四時間で着くと言われましたが、実際に着いたのはお昼の12時。
なんと6時間もかかりました。

どうやら、バスによってルートが違うみたいで、僕が乗ったのは遠回りバージョンだったみたいです…
せっかく早起きしたのに…しかし、プリトウ゛ィッツェに着いたらそんな事も忘れるほどの美しさ。

プリトウ゛ィッツェとは、森の中にある湖なんですが、大小16の湖と92ヶ所の滝があり、こちらも世界遺産に登録されている、幻想的で美しい湖群なのです。
プリトヴィッツェ
プリトヴィッツェ2
プリトヴィッツェ3
(どうですか、このブルー 何色?)



プリトヴィッツェ4


帰りはしっかりと早く帰るバスに乗り、四時間で帰ってきました。

それにしても合計10時間。
よくバスに乗った一日でした。


皆様、店長はクロアチア修行の成果が出ていますか?・・・店主

テーマ:バーテンダーの独り言 - ジャンル:グルメ

2009/10/15 (Thu) 17:21 |未分類

おそい夏休みPartⅡ

クロアチア三日目。 この日も快晴。
今日は一日ドゥブロブニクを満喫します。

まず向かったのは城壁です。
ドゥブロブニクは城壁に囲まれた街なので、その上から街を見て回れるのです。ここからの景色がまた最高なんです!
城壁から2

建物の屋根はみんなオレンジ色に統一されていて、反対側を見れば紺碧のアドリア海。
城壁から・・・
約一時間かけて城壁を一周します。

次に向かったのは城壁の外にある、海に突き出たカフェ。ここではなんと、高さ5mや10mはある岩の上から、みんな海に向かってダイブしているのです!
海に突き出たカフェ

日出ずる国からやって来た日本男児、ここで指をくわえて見ている場合じゃありません!
岩の上まで行ってみると意外と高くて一瞬躊躇するも、もう後には引けません。意を決して海にダイブ!
カフェにて
写真が無いのが残念ですが、すごく気持ちよかったです。

その後街を歩いていると、日本人の方に声をかけられました。
話をしてみると、旧市街の裏にあるスルジ山に行きたいけど、タクシー代が高いのでワリカンで行きませんか?との事でした。

断る理由もまったく無いので、是非行きましょう!と行って来ました。

すると、山の上から見る景色も素晴らしく、言葉にならない美しさでした。
スルジ山 旧市街



そして四日目。
この日も快晴。

この辺りには雲ってないのかな?と疑いはじめます。この日はドゥブロブニクからスプリットに移動するつもりで朝早く宿を出て、バス停に向かって歩いていると、

「シーカヤック受付中!」(多分そう書いてある。)との看板とお兄さんを発見。

シーカヤック… やってみたい!

早速お兄さんに話しかけてみます。

「シーカヤックやりたいけど、今日泊まる宿がありません。」

「そしたら、今日泊まる宿を紹介してやるよ!」
(もちろん、こんなスムーズな会話ではありませんが、要約するとこんな感じです。)

早速お兄さんが電話で連絡をとってくれて、宿を手配してくれました。

宿さえ決まれば、後はシーカヤックを楽しむだけ。

指定された時間に集合場所に行くと、まずインストラクターの説明が2、3分。僕には、何を言ってるのかさっぱりわかりません。

その後カヤックに乗り込み、早速出発。
旧市街を海から眺めるのもなかなかの景色。
さらに漕ぐと、海からしか行けない小さなビーチに到着。
シュノーケリング
もちろん他に人はいないので、プライベートビーチ状態。ここでみんなでシュノーケリングを楽しみます。

と、ここまでは良かったのですが、ここから先がかなり過酷です。
旧市街の沖合700m先にあるロクルム島を一周して帰ってくるのですが、約二時間ノンストップで漕ぎっぱなしです。
インストラクターのお兄さんはとっとと行ってしまうし、波には流されるし。 やっとの思いでゴールに辿り着きました。

サンセットを楽しむ余裕はまったく無く、ひたすら漕いだ記憶だけが残りました…。


シーカヤックの写真は無いの? 

テーマ:バーテンダーの独り言 - ジャンル:グルメ

2009/10/06 (Tue) 14:45 |未分類

おそい夏休みPartⅠ

今月の先頭バッターはクロアチアに修行?に行った白岩店長です!


イギリスの詩人バイロンが「アドリア海の真珠」と形容し、劇作家バーナード・ショウが「地上の楽園が見たければドゥブロブニクに行けばいい。」等々、クロアチアの美しさを賞賛する言葉は数多くあります。

ハイ!行って来ました!クロアチア。

日本を出発して17時間。
オーストリアを経由してクロアチアの首都ザグレブに着いたのは夜の9時でした。

この日は、あらかじめ宿をネットで 予約しておいたので一枚の地図を頼りに歩くこと30分。
途中、話せないながらも道を聞いたりしながら「やっと着いた!」とフロントに行くと、受付のお姉さんが思いもしないリアクションを。

「ココじゃないわよ。」(多分そう言ってる。)

どうやら、自分の持っていた地図と住所が違ってたらしい。
お姉さんに正しい場所を教わり、やっとの思いで宿に着いたのは11時でした。

さすがにこの日は飲みに出かける元気もなく、クロアチア一日目が終了しました。


そして二日目。天気は快晴。 この日の夜の飛行機でドゥブロブニクに移動するので、昼間はゆっくりとザグレブ市内を観光です。

宿の方に観光名所や美味しいお店を聞いていざ出発!とりあえずお腹が空いたので、教わったお店に入ると値段の安さと量の多さにびっくり。
そして美味しくってさらにびっくり!
イワシ


お腹がいっぱいになったら今度は市内観光。
ザグレブはそんなに大きな街ではないので、1日あれば名所を見てまわれます。
ヨーロッパで一番短いと言われるケーブルカーを上ったところにある展望台は市内が一望できて眺めは最高です。
ケーブルカー

                  展望台にて


展望台からほど近い「聖マルコ教会」は屋根のデザインがとても印象的。
聖マルコ教会

そしてもう1つ「聖母被昇天大聖堂」どちらも13世紀に建てられた歴史ある建物です。
聖母被昇天大聖堂


青空市場を見てまわったりアンティーク市場を見たりと、あっという間に時間が過ぎ、ザグレブとはここでお別れ。
アンティーク市場



ドゥブロブニクに向かう飛行機に乗り込み、着いたのは夜の9時。
この日も宿はネットで予約しておいたので、地図を頼りに行ってみると、さすがに今回はすんなりと見つける事ができました。

世界遺産に登録されている旧市街の中にあるお家で、その一室をお借りする形です。こっちではSOBE(ソベ)と言って街中いたるところにある、とても良心的な宿です。

宿さえしっかり押さえればもう安心。   早速飲みに出掛けます。

旧港にあるシーフードレストラン。ここで白ワインを飲みながらイワシのフライやイカのグリルを頂きます。
烏賊


最後にラキヤと言うクロアチアのブランデーを一杯もらったら、もういい気分。気持ちよく二日目が終了しました。
ラキア

                   

                  店主からのおしらせ

ラキヤは(何故か)当店にはございません。

長岡がハバナクラブに柿を漬け込んだ模様(完成は年末?)。

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

2009/10/02 (Fri) 16:22 |未分類

プロフィール

フランジェリコ

Author:フランジェリコ
芦澤 洋和
1966・12・19
射手座
A型

《草野球》
「ジュネバース」
銀座のバーテンダーだらけのチームで2014年4月に結成
背番号「9」
ポジション ベンチの奥やバッティングピッチャー

《スキー》
ATOMIC
SALOMON
KERMA
日帰りのガーラ湯沢専門?

《歴代オートバイ》
RZ50
RZ250R '83
RZ250R '88
XJR400
FZS1000 FAZER
FZー1 FAZER
VーMAX 最終型

《プラモデル》
宇宙戦艦ヤマト
機動戦士ガンダム
ウルトラマン
(特にMAT)

ガンダムOO名言葉