FC2ブログ

「Bartendar白岩 亮」

バーテンダーの方なら、おそらくほとんどの人が知っているマンガがあります。
その名も
「バーテンダー」
バーテンダー16巻
皆様はご存知でしょうか。
主人公の佐々倉 溜がフランスでの修行を終え、日本に帰ってきたところから物語は始まります。

「神のグラス」なる一杯を探し求めながら、たくさんのバーテンダーやお客様と出会い、そこにドラマが生まれ、傷つく事もありながら、それでもしっかりと前をみて、佐々倉 溜は今日も行く…

だいぶ省略しましたが、こんな感じです。

先日、書店を覗いていたら最新刊の16巻を発見したので早速購入して読んでみました。
すると主人公の佐々倉 溜、なんと北海道の余市蒸留所を訪れているのです。

「余市」と言えば、当店のマスコットウィスキーでもあり、日本のウィスキーの生みの親「竹鶴 政孝」が ウィスキー造りの理想郷として選んだ、ニッカウィスキーの出発点でもあるのです。

僕も10年前に一度訪れた事があるので、その頃の事を思い出しながら読んでいたのですが、この「バーテンダー」、実にイイです!

単にウィスキーの造り方や歴史を紹介するだけでなく、時代背景や竹鶴さんの人物像、スコットランドでの辛かった出来事や、後に奥様となるリタさんとのお話し等々…

今まで、僕が読んできた本とは違い、マンガならではの視点、角度で描いていてとても興味深く面白い内容だったと思います。

ウィスキーに興味のある方には、是非一度読んで頂きたいと思います。
竹鶴さんのウィスキーにかける情熱を想いながら飲む余市は、いつもと一味違って感じると思います。
余市12年
北海道に行きたくなった白岩でした。
スポンサーサイト



テーマ:バーテンダーの独り言 - ジャンル:グルメ

2010/03/16 (Tue) 00:00 |未分類

プロフィール

フランジェリコ

Author:フランジェリコ
芦澤 洋和
1966・12・19
射手座
A型

《草野球》
「ジュネバース」
銀座のバーテンダーだらけのチームで2014年4月に結成
背番号「9」
ポジション ベンチの奥やバッティングピッチャー

《スキー》
ATOMIC
SALOMON
KERMA
日帰りのガーラ湯沢専門?

《歴代オートバイ》
RZ50
RZ250R '83
RZ250R '88
XJR400
FZS1000 FAZER
FZー1 FAZER
VーMAX 最終型

《プラモデル》
宇宙戦艦ヤマト
機動戦士ガンダム
ウルトラマン
(特にMAT)

ガンダムOO名言葉