FC2ブログ

北海道に行ってきた! 余市蒸留所編

皆様こんにちは。
フランジェリコのブログ係・長岡です。

デジカメのデータをブログにアップする方法を教わり、ようやく更新することが出来るようになりました!
ありがとうございます!

それではさっそく、北海道は余市蒸留所の様子をご紹介したいと思います。






先の三連休、東京は大変暑かったようですが、北海道は三日間とも快晴で爽やかな陽気でした。

DSCF0034.jpg

余市蒸留所は小樽からバスで30分程、海の近くです。




石造りの正門。

余市蒸留所の正門

国の登録有形文化財です。



4万坪もある広大な敷地には緑がいっぱい!

DSCF0036p.jpg

DSCF0039p.jpg

とても美しい蒸留所です。





こちらはウィスキーの蒸留釜。
首の部分にしめ縄が巻いてあります。

DSCF0040p.jpg

窯の中が燃えていた!

DSCF0042p.jpg

余市は、世界でも唯一、石炭を直火で焚いてウィスキーを蒸留しています。




DSCF0051.jpg

美味しいウィスキーになった時にまた会いましょう!それまでしばし熟成…。




敷地内にはウィスキー博物館もあります。
竹鶴さんや奥様リタさんの思い出の品々、昔懐かしのボトルの数々が展示されています。


DSCF0056p.jpg

これはレア物!
‘79年広島カープ優勝時の記念ボトル!
竹鶴さんは広島出身です。




試飲もさせていただきました。

DSCF0057p.jpg

「ウッディ&ヴァニリック」、「シェリー&スウィート」、「ピーティ&ソルティ」の三種類です。
同じ蒸留所で作っても使用する樽の違いなど熟成の工程で香りや味わいが全く違うものに仕上がります。不思議ですね!
そして左端の透明のものは樽熟成をさせていない原酒です。これはめったに飲めない!

今回、余市蒸留所を見学してびっくりしたのはとにかく水がとっても美味しかったこと!
美味しい空気と美味しい水があってこその美味しいウィスキーなんですね。
竹鶴さんがウィスキー作り第一号にこの余市を選んだのがよくわかりました。

記念写真
 
マスターご満悦。

まだ余市蒸留所へ行ったことのない方、緑とウィスキーに囲まれ何時間でも過ごせる素敵な場所ですのでぜひ出かけてみてはいかがでしょうか。




余市蒸留所のみなさま、大変お世話になりました!
ますます余市のファンになりました~。



蒸留所限定のウィスキーを買ってきましたので、ぜひ味わってみてくださいね!
それでは今週もフランジェリコにてお待ちしております。


スポンサーサイト



2013/07/20 (Sat) 19:00 |未分類

プロフィール

フランジェリコ

Author:フランジェリコ
芦澤 洋和
1966・12・19
射手座
A型

《草野球》
「ジュネバース」
銀座のバーテンダーだらけのチームで2014年4月に結成
背番号「9」
ポジション ベンチの奥やバッティングピッチャー

《スキー》
ATOMIC
SALOMON
KERMA
日帰りのガーラ湯沢専門?

《歴代オートバイ》
RZ50
RZ250R '83
RZ250R '88
XJR400
FZS1000 FAZER
FZー1 FAZER
VーMAX 最終型

《プラモデル》
宇宙戦艦ヤマト
機動戦士ガンダム
ウルトラマン
(特にMAT)

ガンダムOO名言葉