FC2ブログ

グレングラントのセミナーに行ってきた!

皆様こんばんは!
フランジェリコのブログ担当・長岡です。


先日、沖縄土産でカーブチーという柑橘をいただきました。ありがとうございます!

カーブチー


沖縄の言葉で「カー」は皮、「ブチー」は厚い、という意味らしく、
その名のとおり皮が厚めの、ほんのり甘くてちょっと酸っぱい、温州ミカンのような味わいです。
沖縄の秋の味覚らしいですよ。
そのまま食べても美味しいですが、もちろんカクテルにするのもお勧めです!
カウンターに乗ってありますので見つけてくださいね。




さて、
前回のブログでも近ごろ試飲会やセミナーが続いていると書きましたが、
今回も出かけてきました。

グレングラント


グレングラント セミナー


グレングラントは、スコットランド・スペイサイドにある、
グラント兄弟が1840年に設立した蒸留所です。
イタリアで大人気のウイスキーで、現在はカンパリ社の傘下に入っています。

今回はグレングラントの蒸留責任者、デニス・マルコムさんが来日されてのスペシャルセミナーでした!


当日は、グレングラントの歴史や製造行程についての興味深いお話がたくさん聞けましたよ。
創業者兄弟は、物流のために機関車の路線を蒸留所まで引いたり、蒸留所敷地内で水力発電をおこして蒸留所
やまわりの街に電気を流したりと、結構先進的かつアグレッシブな方々だったようです。

そして今回のセミナーでは試飲も併せてあったのですが、
日本では来年2月に発売予定の限定品も特別に試飲させていただきました!

GLEN GRANT 5decads

「ディケイズ」とは「10年間」を意味する言葉なので「GLEN GRANT 5decads」とは「グレングラントの50年間」
というような意味になるかと思うのですが、
蒸留責任者であるマルコムさんが、
1960年代、70年代、80年代、90年代、そして2000年代までの50年間の、それぞれの年代に仕込まれたベストな
ウイスキー原酒を選んでブレンドしたものだそうです。

マルコムさんはなんと15才の時からグレングラント蒸留所で働き始めたそうです。
その50年のグレングラント人生の記念となる特別なウイスキーです。

実際に試飲してみての感想ですが、
グレングラントの特徴である、綺麗なクリアゴールドの色調やなめらかで軽やかな口当たりはそのままで、
上品な甘さの余韻が続く、とても美味しいウイスキーでした!
来年の話になってはしまいますが、当店でもこのウイスキーをお楽しみいただける予定ですので
是非ともご期待くださいませ…!

デニス・マルコムさん

記念に一緒に撮っていただきました!



それでは皆様、楽しい週末をお過ごしくださいませ。
また来週もフランジェリコにてお待ちしております。


スポンサーサイト



2013/10/18 (Fri) 18:41 |未分類

プロフィール

フランジェリコ

Author:フランジェリコ
芦澤 洋和
1966・12・19
射手座
A型

《草野球》
「ジュネバース」
銀座のバーテンダーだらけのチームで2014年4月に結成
背番号「9」
ポジション ベンチの奥やバッティングピッチャー

《スキー》
ATOMIC
SALOMON
KERMA
日帰りのガーラ湯沢専門?

《歴代オートバイ》
RZ50
RZ250R '83
RZ250R '88
XJR400
FZS1000 FAZER
FZー1 FAZER
VーMAX 最終型

《プラモデル》
宇宙戦艦ヤマト
機動戦士ガンダム
ウルトラマン
(特にMAT)

ガンダムOO名言葉