FC2ブログ

2009夏・・最初の旅

鳥取に行って来ました・・・・・久しぶりの白岩です。

なぜ鳥取?
よく聞かれます。

親戚がいるわけでも、友達がいるわけでもありませんし、もちろん今まで行った事もありません。
でも、僕にはどうしても行きたい理由があったのです。

それは、『岩ガキ&白イカ』・・・夏に旬をむかえる山陰地方の二大味覚です。

取れたてをバックリと食べたい!その思いだけで鳥取へ飛び立ちました!

朝イチの飛行機だったので、着いたらまず朝ごはん!と思い、鳥取駅からほどちかい『駅前市場』へ行ってみると、 いきなりその瞬間がやってきました。

特大サイズの岩ガキがゴロゴロと、しかも東京では考えられない様な値段で並んでいるではありませんか!さらに、殻をその場で剥いてくれて、併設している食堂で食べる事が出来ると言うので・・・

もうたまりません。早速2個ほど剥いてもらいレモンを絞って食べてみると…!!

あぁ~まさに海のミルク!

とろける様なミルキーな食感、そして口の中に広がる圧倒的な磯の香り。
慌ててお酒を頼むと、それはもう完璧な組み合わせでした。
岩牡蠣

いきなり大満足してしまいましたが、まだまだ午前中。
せっかくなので色々と観光しようと思い、行って来ました! 鳥取砂丘!

あのスケール感、意外と急な角度、丘を登りきった時のあの景色、全部想像以上で運動不足の身体には少々キツかったですけど、とてもいい所でした。
鳥取砂丘



そして次に目指したのが、浦富海岸を巡る遊覧船。

透明度25mを誇る青く澄んだ海とリアス式海岸、無数に広がる小さな島々の間を船で巡るこのツアー。 透明度25m?
凄いんだろうけど、いまいちピンとこないなぁ…
なんて思いながら船が出航して5分もすると…

ピンときました!
凄いです!あの透明感!
自然もそのまま残っていて、地元の方には日常の景色かもしれませんが、僕にはとても衝撃的な海でした。

そんな海を後にして向かったのが、岩井温泉郷。
木造3階建ての旅館が3件、共同浴場が1件の小さな温泉街ですが、歴史はとても古く、昔ながらの街並みを大事に守っている方々とお話しができて、お風呂も人も温かい街だなぁと感じました。

そして夜は鳥取市内に戻り、岩ガキ、白イカ、地元のお酒&more…な感じでとても中身の濃い1日を過ごしてきました。
透明イカ

おぼろげな記憶ながら、最後に行ったスナックのママさんもとても素敵な方でした…。

スポンサーサイト



テーマ:ご当地グルメ - ジャンル:グルメ

2009/07/08 (Wed) 15:13 |未分類

プロフィール

フランジェリコ

Author:フランジェリコ
芦澤 洋和
1966・12・19
射手座
A型

《草野球》
「ジュネバース」
銀座のバーテンダーだらけのチームで2014年4月に結成
背番号「9」
ポジション ベンチの奥やバッティングピッチャー

《スキー》
ATOMIC
SALOMON
KERMA
日帰りのガーラ湯沢専門?

《歴代オートバイ》
RZ50
RZ250R '83
RZ250R '88
XJR400
FZS1000 FAZER
FZー1 FAZER
VーMAX 最終型

《プラモデル》
宇宙戦艦ヤマト
機動戦士ガンダム
ウルトラマン
(特にMAT)

ガンダムOO名言葉